交通事故の補償について

交通事故で怪我などを負ったときには、やはり治療に掛かった費用について、どこが負担するのかは大切なことです。例えば加害者側の保険会社に請求することができるのかなど、分からないことがたくさんあるのではないでしょうか。交通事故の治療費が保険害会社から打ち切られたという話もあります。そのためきちんと完治するまで、治療費をどのようにすれば良いのでしょう。また休業損害などはどうなるのでしょう。

まず交通事故で受けた怪我などの治療費の支払いは、誰が支払うものなのでしょう。治療費は加害者側の保険会社などが負担するべきものです。ただし病院では怪我をした本人に請求することもできます。つまり病院から治療費を請求された場合は、被害者でもそれを断ることはできないのです。その場合は相手の保険会社に請求するように、病院と話合うしかありません。

もちろん交通事故の場合、治療費は加害者が全額負担となりますが、何でも請求できるわけではありません。治療費が過剰、医学邸に必要がないと考えられた場合は、認められない部分もあるのです。また100%相手に過失があれば、すべて相手の保険会社が払うことになりますが、加害者側にも過失があった場合はその分を引かれる過失相殺というものもあります。

また休業補償とは交通事故で起こった怪我のために、仕事を休まなければならない状況になったときの補償となります。また就職としての仕事はしていなくても、主婦で家事労働者にも休業補償対象になっています。休業補償は1日当たりの収入掛ける休業日数と、とても単純な計算で出せるものです。ただし現実に10日休んだとしても、5日で仕事に行けると保険会社が判断したときには5日分しか出なくなります。

Back to Top